3つのターゲットを達成するために、5つの研究開発課題を進めることで、地域における共創知を生み出し地域課題の解決を目指します。

— [A] 美食地政学の観点から見た望ましい水産資源管理

— [B] 美食地政学の観点から見た望ましい農林資源管理

— [C] 栄養塩類/サプライチェーンを通じた環境影響評価

— [D] 消費者-生産者双方向連動システムの提案・実装

— [E] グリーンジョブマーケットの醸成に向けた教育パッケージの提案・共創プラットフォームの構築

これらの5つの研究開発課題について研究開発・知の導出を進めます。