美食地政学の観点から見た望ましい水産資源管理

研究沿岸海域における漁業生産や生物資源量の変動メカニズムを把握するためには、水温、塩分などの基本的な環境データに加え、底質、栄養塩、気象、人間活動の影響など、非常に多くの生物・物理・化学・社会経済的データを考慮する必要があります。また海洋生態系は温暖化・海流変化などの環境変動の影響を強く受けることから、定置網などで採取される魚種などに近年、急激な変動があります。タチウオやタコが伊勢湾、英虞湾で収量減少する一方、東松島市沿岸での収量が増加するなど、志摩市周辺の生態系の一部が北上し、東松島市周辺で観察されています。海洋生態学の視点から、複合的な環境変動が総体として水産業にもたらす影響について、知の集積・事業者との共創知の形成が求められています。

研究開発課題リーダー  藤井豊展(東北大学 大学院農学研究科 准教授)

Toyonobu Fujii

1972年島根県生まれ。博士(環境管理)。2002年イーストアングリア大学(英国)生物科学部生態学科卒業、2006年ヨーク大学(英国)環境学部環境科学修了。2007年アバディーン大学(英国)生物科学部PD研究員、2009年同大学同学部BPフェロー研究員、 2017年東北大学大学院農学研究科特任助教,2018年同大学同研究科准教授を経て現在に至る。河口・沿岸域から超深海(6000m以深)に至る様々な海洋環境のモニタリングと、社会・生態システムの変動に関する研究に従事。専門は海洋生態学、群集生態学、環境動態解析。