研究開発課題

栄養塩類の適切な管理・
ライフサイクル環境評価

窒素やリンなどの栄養塩類は農業生産の生産効率を決定する上で重要な資源であるとともに、水圏・環境圏に流出した栄養塩は富栄養化や酸性化などの負の環境影響を引き起こす原因物質でもある。水環境の保全の観点で排水処理技術の高度化は生活圏からの栄養塩排出を防ぐが、一方で沿岸養殖業において貧栄養化による海苔養殖における色落ちや、水産物の収穫減少なども課題となっている。沿岸海域における漁業生産や沿岸生態系の生物資源量の変動メカニズムを把握するためには、海洋生態系食物網の基盤となる一次生産者(植物プランクトン、付着性微細藻類、岩礁性藻類、アマモ類等)の生産力を支配している栄養塩環境の理解は重要不可欠である。沿岸養殖や、沿岸での水産業を持続可能なものにするために、適切な栄養塩管理のもとで経済圏から流出する栄養塩のフローと、水圏の栄養塩供給の関係性を明らかにする必要がある。

研究開発課題リーダー 

課題2:松八重一代 Kazuyo MATSUBAE

松八重 一代

Kazuyo MATSUBAE

研究開発課題リーダー
東北大学 大学院環境科学研究科 教授

1998年早稲田大学政治経済学部政治経済学科卒業、2004年早稲田大学大学院経済学研究科博士後期課程(理論経済学・経済史専攻 計量経済学専修)単位取得の上退学、博士(経済学)。東北大学大学院環境科学研究科(助手・助教・准教授)、工学研究科(准教授)クイーンズランド大学(訪問准教授)を経て、現職。

メンバー 

ティク オスカー

Oscar TIKU

東北大学 大学院環境科学研究科 特任助教

インドネシア出身。博士(観光科学)。2010年サム・ラテゥランギ大学(インドネシア)経済学部経営学科卒業。2014年サヒド大学大学院(インドネシア)経営学研究科博士前期課程修了。2017年琉球大学大学院観光科学研究科博士前期課程修了。2021年東京都立大学大学院都市環境科学研究科博士後期課程修了。2021年東京大学大学院農学生命科学研究科特任研究員、2022年東京大学大学院新領域創成科学研究科特任研究員。2023年東北大学大学院環境科学研究科特任助教。専門分野は観光経済・経営学で、サステイナビリティ学、エコツーリズム、インクルーシブな経済発展、先住民、諸島、美食学に関する研究に興味があります。

No Photo

丸岡 伸洋

Nobuhiro MARUOKA

東北大学 多元物質科学研究所 助教

令和5年度他機関等との連携強化による拠点ビジョン実現の加速・充実化支援・連携機関

林 健太郎

Kentaro HAYASHI

総合地球環境学研究所 研究部 教授

1992年北海道大学大学院工学研究科衛生工学専攻修士課程修了。2002年東京農工大学大学院生物システム応用科学研究科同博士後期課程修了。博士(農学)。パシフィックコンサルタンツ技師、産業技術総合研究所特別研究員、農業環境技術研究所(現・農研機構農業環境研究部門)主任研究員~主席研究員を経て、2022年より総合地球環境学研究所教授として「人・社会・自然をつないでめぐる窒素の持続可能な利用に向けて」(Sustai-N-able)プロジェクトを推進。専門は生物地球化学、土壌学、大気科学。2016~2017年に第58次南極地域観測隊の夏隊隊員。2022年より国際窒素イニシアティブ東アジア地域センター代表。

山末 英嗣

Eiji YAMASUE

立命館大学 理工学部 教授

2000年3月東京工業大学理工学研究科金属工学専攻 博士後期課程修了。博士(工学)。京都大学京都大学大学院エネルギー科学研究科助手、助教、ウィーン工科大学客員研究員、国立環境研究所客員研究員を経て、2016年より立命館大学理工学部機械工学科准教授、2019年4月より同教授。2024年度より立命館先進研究アカデミーRARAフェローに就任。専門は、材料科学、ライフサイクルアセスメント、産業エコロジー。炭素制約下における最適な資源利用に関する研究を自然科学と社会科学の両側面から進めています。

光斎 翔貴

Shoki KOSAI

立命館大学 立命館グローバル・イノベーション研究機構 准教授

2020年京都大学エネルギー科学研究科社会環境専攻博士課程修了。博士(エネルギー科学)。立命館大学立命館グローバル・イノベーション研究機構助教を経て、2022年より現職。専門分野は、エネルギーセキュリティー、循環経済、ライフサイクルアセスメント、産業エコロジー。炭素制約下における資源の利用・管理に関わる研究に従事。2024年より大学発スタートアップ、オーシャンリペア株式会社代表取締役を兼任。

6つの研究開発課題

研究開発課題1
研究開発課題1

研究開発課題2
研究開発課題2

研究開発課題3
研究開発課題3

研究開発課題4
研究開発課題4

研究開発課題5
研究開発課題5

研究開発課題6
研究開発課題6